誹謗中傷は相手がどう感じるかが重要

誹謗中傷をなくす社会の形成は数年間言われ続けている事です。



しかし、この問題が無くなる気配は一向にありません。



それはコミュニケーションという複雑な人間関係において起こる問題であり、証拠がないケースが多いことも関係していますが、それにくわえて被害者がどのように感じたかという事が重要になり得るためです。



まず第一に誹謗中傷が起きた時というのは、当事者が自覚していない事が珍しくはありません。



その理由として挙げられるのはやはりどこまで人に言われても良いかという事が関係しています。人によって悪口といじる行為というラインがまちまちなため、友情関係の中で行っている物の延長線上とある人は捉えても、他の人にとってはそのように感じない事も珍しくはありません。

そのため、安易に口走ってしまった言葉が相手との関係の中で大きなしこりとなってしまうことも少なくはないのですが、誹謗中傷されたかどうかという問題はこの延長線上にあると言えます。それ故に、相手の立場を如何にして理解するかが誹謗中傷をなくすためには必要なことです。



状況によっては侮蔑している内容になり得るものとして、家族についての話や仕事についての話、学歴などの話もあります。
もちろん知らない状態で話したのであれば問題はありませんが、知っているのにあえて何度も話すことは状況によっては誹謗中傷と取られかねません。



それ故に、ケースバイケースでこの問題には対応しなければならないと言えますので、安易に言葉を繋ぐのではなく、しっかりと吟味してコミュニケーションを考えるようにしましょう。

関連リンク

インターネットからの誹謗中傷対策をするために

なんの根拠もない誹謗中傷は、犯罪行為になりますので警察に相談することも一つの手段です。ただ、たいていの誹謗中傷は一度書いたら終わりといったものが多いので、気にしないことも有効な手段です。...

more

ネットで誹謗中傷を受けたらすぐに削除させる事が大切

ネット上で誹謗中傷されたら早期に削除してもらわないと、すぐに拡散してしまい収集がつかなくなります。知らない人がその誹謗中傷を読んで信じてしまったり、面白がってさらに拡散させてしまったら店舗や会社の場合には業績が悪化してしまう場合があり、個人の場合でも就職や結婚に支障が出ることもあります。...

more
top