絶対に許せない誹謗中傷とは

現代ではスマートフォンの普及で、顔の見えない相手と連絡することが出来るようになりました。



普段は知り合うことの出来ない有名人などに対しても、気軽にブログにコメントをしたりすることもできます。



応援メッセージや、嬉しい言葉をかけられる一方で、誹謗中傷など心ない言葉を匿名で書き込み、人を傷つける人がいるようです。
学校などでも、ネットイジメが行われることもあります。

誰が書き込んだのかわからないように、本人に対して誹謗中傷を書き込む人もいるのです。匿名で誰が書いたのかわからないようにしていることは、とても卑劣な行為です。何か言いたいことがあるなら、堂々と本人の前で言えば良いことなのに、陰湿な手段を使う人もいるようです。

いつ誰が誹謗中傷の被害に遭ったとしてもおかしくない世の中ですので、対策を考えておきましょう。まず、自分の名前を検索して、何か悪いことを書かれていないか確認することが大事です。



個人のプライベートな情報を書き込むことは犯罪です。


そのような書き込みを見つけたら、まず証拠を保存しましょう。



そして、プロバイダの会社に問題のある書き込みを削除してもらうようにお願いします。
内容によっては、相手の住所を調べてもらい、誰が書き込みをしたのか調べてもらいます。



あまりにひどい内容であれば、警察に相談したり、弁護士事務所に行きましょう。

名誉毀損罪で訴え、慰謝料を請求することもできます。

陰湿で卑劣な行為は、絶対に許してはいけないものです。



関連リンク

インターネットからの誹謗中傷対策をするために

なんの根拠もない誹謗中傷は、犯罪行為になりますので警察に相談することも一つの手段です。ただ、たいていの誹謗中傷は一度書いたら終わりといったものが多いので、気にしないことも有効な手段です。...

more

ネットで誹謗中傷を受けたらすぐに削除させる事が大切

ネット上で誹謗中傷されたら早期に削除してもらわないと、すぐに拡散してしまい収集がつかなくなります。知らない人がその誹謗中傷を読んで信じてしまったり、面白がってさらに拡散させてしまったら店舗や会社の場合には業績が悪化してしまう場合があり、個人の場合でも就職や結婚に支障が出ることもあります。...

more
top